Abematvをテレビで見る方法6つ!どの視聴方法がベスト?

AbemaTVをテレビの大画面で見る方法を知ってますか。

AbemaTVの番組をテレビ大画面で視聴する方法にはAmazon FireTV(Stick)、AppleTV、ChromeCast、AndroidTVの他にケーブルを使う方法もあります。

それぞれの特徴、価格、メリット、デメリットと結局どれを選ぶべきかをまとめました。

今回はabemaTVをテレビで楽しむ方法6つを紹介します。

スポンサーリンク

Amazon Fire TVでAbemaTVを見る

Amazon FireTV

Amazon FireTV

Amazon Fire TVの特徴

Amazon Fire TVの特徴はプロセッサが高性能のクアッドコア!このプロセッサが高性能だと映像の動きや早送りや巻き戻しなどの操作の反応もよくなります。

メモリも2GBでこの値が大きいほど快適なデータ処理が可能で、これだけのメモリとプロセッサがあれば快適にAbemaTVを観ることができます。

Amazon Fire TVのメリット

メリットは何といってもスペックの高さ!最大画質は4K、さらに4Kの上をいくHDRまで対応しています。

残念ながら上記のとおり現時点ではAbemaTVでは4Kを観ることはできませんが、AbemaTVを高画質で大画面で楽しむには最適なスペックで、他の4K対応の動画は観ることができます。

また、対応アプリが豊富でハイパフォーマンスゲームなど遊ぶこともできます。

Amazon Fire TVのデメリット

デメリットはハイスペック故に値段が8,980円と少々高いところ、他のデバイスで2倍以上値段に差があるものもあります。

あと本体の大きさが他の物に比べると少し大きいですが、最新型では手のひらに収まるサイズぐらいコンパクトになりました。

スポンサードリンク

Amazon Fire TV StickでAbemaTVを見る

Amazon Fire TV Stick

Amazon Fire TV Stick

Amazon Fire TV Stickの特徴

Amazon Fire TV Stickの特徴は上記のAmazonFireTVとほとんど同じですが、FireTVと比べると全体的に性能が低いです。

しかし、値段が安く気軽にAbemaTVを観ることができます。

Amazon Fire TV Stickのメリット

メリットはやはり値段のわりに快適な動作!

プロセッサが高性能なので快適な動作で映像操作でもストレス無しで動かすことができます。

それなのに4,980円と、とてもお手頃な価格です。

また本体も昔のスティックメモリぐらいの大きさで持ち運びも楽にできます。

Amazon Fire TV Stickのデメリット

デメリットは最大画質はフルHD画質なので4K動画が観られないところ。

現在はAbemaTVでは4K配信はありませんが、8KやHDRといった4K画像の上をいくものが出ていることを考えれば、そのうち4K配信が始まる可能性は高いと言えるでしょう。

このことから、今これを買ってしまうのはあとあと損になるのではと思います。

また、上記のハイスペックデバイスと比べると、対応アプリが少ないのと動作や用途に制限が
ありますので、これから長く最新のAbemaTVのサービスを受けたいという人は考えるべきかもしれません。

Amazon Fire TV、Fire TV StickはAmazonイーサネットアダプタで有線でインターネットを繋ぐことができます。

より安定した環境で観たい人、特に4K動画を観たりするには、高速通信が安定的に必要なので
4Kを楽しみたい人は試してみるといいでしょう。

スポンサードリンク

Apple TV(第四世代)でAbemaTVを見る

AppleTVの特徴

AppleTVの特徴はプロセッサがAppleデュアルコアA8チップというものを使っていて、上記のクアッドコアには劣りますが、テレビを観るだけならこれだけでも十分問題無いです。

ストレージ34GBと64GBの2つから選ぶことができます。

ストレージとはいわゆる容量でこれが高ければより多くアプリや映画などを多く入れることができます。

また、AppleTVはとても高機能でNetflixやHuluに対応していたりアップデートでさらにサービスを受けられたり、iTunesで映画をレンタル(有料)することもできたりします。

AppleTVのメリット

メリットはAirPlayが使える!

これはiPhoneやiPadのスクリーンをWi-Fi経由でそのままテレビに映すことができ、動画などもそのままテレビで再生できてしまう機能です。

これによってApple TVにもともと入っていないdTVやAmazonプライムビデオ、さらにはiPhone内の動画までテレビで見ることができます。

またiPhoneやiPadとの連携が良くiOS端末からAirPlayしたい人はAppleTVが特にオススメです。

AppleTVのデメリット

デメリットは値段が高い。

32GBは18400円、64GBは24800円と上記2つの物と比べてとても高いです。

純正リモコンが日本語に対応していない。初めて使ったらローマ字変換に驚愕します!!

Remoteを設定すると日本語に対応してくれますが、その分手間がかかります。

ChromeCastを使う

Chromecast

Chromecast

ChromeCastの特徴

ChromeCastの特徴はAndroidスマホやPCの場合、画面をそのままテレビに映し出す、ミラーリングをすることができます。

この機能により、Chromecastに対応しているスマホアプリ(Android/iOS)がテレビに映し出せ、YouTubeやHulu、Netflix、GYAO!、U-NEXT、au ビデオパス、dTV、dアニメストア、Google Play ムービーなどもテレビで観ることができます。

ChromeCastのメリット

メリットは上記のミラーリングして、簡単にネットのアプリがテレビ画面にだすことがでしょう!

あと価格が安い。

第1世代は税込4536円と他のデバイスに比べ最安値(割引なしで)お買い得!

そして、スマホがリモコン代わりになる!スマホ操作で番組が選べる何か不思議な感覚ですね。

また、Chromecast Ultraという物も発売され、4KやHDRにも対応しています。

ChromeCastのデメリット

デメリットはドルビーサラウンドシステムが無しで音は上記のものに比べ迫力が劣ります。

またChromecastは30fps秒間30コマのため、他のと比べ映像の滑らかさに欠けますが、さほど気にならないという方も居るでしょう。

また、スマホやタブレットが無いと使用できない欠点があります。

スポンサードリンク

AndroidTVでAbemaTVを見る

AndroidTVの特徴

AndroidTVの特徴はテレビ本体がPCでインターネットに対応していることです。

そのため、配線などがごちゃごちゃせず機器の置き場をとらないのでに省スペースですみます。

AbemaTVを観るのが簡単。

デバイスを接続必要がなく、「Google Playストア」から「AbemaTV」アプリをダウンロードするだけで観られます。

AndroidTVのメリット

メリットは何といっても高画質、高音質!4Kは当たり前、音源もハイレゾ音源再生機能搭載。

流石テレビ!

PCでも地デジチューナーが必要なので買い足す必要がありますが、AndroidTVはAndroidアプリを追加するだけでOK。

AndroidTVのデメリット

デメリットはAndroid TV自体が発展途上のため、アップデートを重ねることで実用レベルに達しました。

そのためこれからアップデートを続けてくれるのかが不安があります。

またPCのOSなので起動するのに時間がかかります。テレビを観る感覚ですぐには観られない
です。

あと、値段が高い。

今回説明しているものでは一番高い。AndroidTVが観られるテレビで安くても10万円近くになります。

HDMI・MHL変換ケーブルなどでTVに直接繋ぐ

MHL変換ケーブル

MHL変換ケーブル

ケーブル接続の特徴

ケーブル接続の特徴はインターネットの契約、有線用のルーターを購入して接続するためのLANケーブルも購入する。

スマホやタブレットがあるならテレビとHDMIケーブルやMHL変換ケーブルなどで繋いで観ることもですます

「MHL変換ケーブル」はテレビのHDMI端子とスマホのUSB端子をつなぐケーブルです。

ケーブルやアダプタだけで見れるので最も安価な方法になります。

変換ケーブルは1,000円程度から購入できますが、注意点としては、長さが短いとスマホで操作する際にテレビに近づきすぎる嫌いがあることです。

私が実際に購入した上の画像のMHL変換ケーブルは、3mですがこれくらいあると十分に感じます。

ケーブル接続のメリット

メリットはデバイスやテレビを買う必要がないので価格が安い!

スマホ7やタブレットをテレビに繋いでAbemaTVを観るだけ。

シンプルなところも良いですね。

ケーブル接続のデメリット

デメリットは上に挙げた各デバイスやテレビなどのサービスが受けられないことや、便利な機能が使えないところ。

スポンサードリンク

TVで見るには結局どれがベストなの

ここまでAbematvをテレビで楽しむ6つの方法を説明させて頂きました。

気軽に早くAbemaTVをテレビで楽しみたい人「HDMIケーブル」など有線で直接テレビに繋げるのがコストもかからず良さそうです。

もう少しコストがかかってもいいので、より快適にサービスを受けたい人AmazonFireTVStick

せっかくスマホがあるので利用したい人ChromeCastでスマホ画面を直接テレビに映す。

テレビなら4Kを観たい、しかし、コストを抑えたい人「AmazonFireTV

4Kで多機能のものが欲しい人「AppleTV」

デバイスもいらずシンプルにテレビで高画質、高音質を楽しみたい人AndroidTVがオススメです。

ここまで説明してきましたが、上記のデバイスはテレビがHDMI端子を対応してることが必要です。

まずテレビの裏側を確認してから購入を検討した方が良いです。

以上で私の説明は終わりです。皆様にAbemaTVを観る一番最適な方法が見つかれば幸いです。

まだまだあります!HOTなAbemaTV情報を更新中!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする